太陽光発電の自治体の補助金額の上限

太陽光発電を導入する時には誰でも補助金を頼みにしているものです。
補助金をしっかりと生かすことで大きな金額を補助していただけることもあります。
結果的に、かなり安い価格で太陽光発電を結果的に導入できる、一つのきっかけにもなりえるのです。
太陽光発電は高くてお金持ちしか導入ができないというものが昔からいわれていました。
しかし、最近では、そういったことは一切ありません。
一般家庭の方でもどんどんと太陽光発電システムを導入し始めているのです。
その一つの理由に、補助金という存在があるのです。
補助金があるのとないのでは雲泥の差があるということも言われています。
太陽光発電システムの補助金ですが、実は自治体はかなりバラエティに富んでいます。
自治体によりまし、金額のほうがかなり決められるようになっていますので、例えば、となり同士の自治体でも補助金の内容は全く違うということがあるのです。
同じ神奈川県内の市町村でありましても、金額が違うことも多くあります。
補助金の上限というものを見ていくとよろしいでしょう。
補助金には、kw単価と上限が決められています。
kw単価が20000円だとしまして、上限が10万円だったとします。
そのことから、しっかりと補助金を有効的に受け取れるのは、5kwまでであるということがよく見えてくるのではないでしょうか、最近の神奈川県の伊勢原市を見てみてみますと、kw単価は10000円になっています。
そして上限が33000円です。
ということは3.3kwまでしか有効に受け取ることができない、ということがしっかりと分かるでしょう。
3.3kwというものですが、最近では4kwタイプの多く出ていますので少し少ないかもしれません。
伊勢原市で箱型の太陽光発電の設置が向いているといういい方もできるでしょう。
補助金の上限をみることで結果的に、その自治体でどのような太陽光発電が向いているのかも、よくわかるようになっているというわけです。