補助金を受けながら太陽光発電でエコな暮らし

現在日本全国において注目され導入をすすめられているのが太陽光発電です。
東京でも徐々に設置していく世帯が増えてきています。

三鷹市は人口が18万人、世帯数は8万9000あり、
この18万人もいる市民の多くが、
自然のエネルギーである太陽光を使った発電方法に、
関心を持ち始めていることでしょう。
8万9000世帯あるといっても、まだ携帯電話のような普及をしていないわけですが、
太陽光発電は化石燃料が要らず、二酸化炭素を排出せず、
地球に優しい発電方法として三鷹市のみならず、
全国で関心が増えてきているのは事実です。
三鷹市で太陽光発電を導入するには初期費用が要るわけですが、
これには嬉しいことに補助金が出ますので、
思い切って導入に踏み切るのも良いかと思います。
国から、そして東京都から補助金がもらえ、
これだけでも良い助けになることでしょう。
一般住居でのシステムの容量を3.5kWとして考えると、
国と東京都からの合計で40万円ほどが補助金としてもらえることになります。
この金額を高いか安いか妥当か感じるのは人それぞれでありますが、
補助金だけでなく、更に自宅で発電した電気を売ることもできるので、
太陽光発電の恩恵をできるだけ多く受けたかったら、
早く導入してみるのが良いことだと思うのです。
三鷹市は地盤も強固であり、地形もあまり起伏がなく、
長く住み続けるには最良の地域であり、
そんな暮らしやすい三鷹市で太陽光発電しながら、
エコで家計にも優しい生活をしていくのも良いことだと思います。