環境にもやさしいし節電もできた

太陽光発電を導入するまでは、
うちの屋根に太陽光発電なんて乗せたら危ないと思っていました。
近くの不動産会社の建売住宅だったんですが、
自分で選んだ家ではなかったのでまるっきり信用していませんでした。
それで、ちょっと建物診断くらいの気持ちで、
太陽光発電の現地調査と見積もりをしてもらったんです。
屋根が丈夫でないと太陽光パネルなんて乗せられないですから、
公平に調査してくれるところにチェックしてもらいたかったんです。
調査してもらった結果、
補強は必要だけど十分設置してかなりお得だということがわかりました。
それで気をよくしたというわけでもないんですが、
前から太陽光発電に興味があったので思い切って設置することにしたんです。
設置後、シミュレーション以上に発電があり、
しかもいままで節電に非協力的だった家族が節電に励むようになったんです。
いままでどんなに言っても電気は付けっ放しだし、
温水便座のフタは開けっぱなしだし仕方がなかったんです。
それが発電量がモニターで見れるようになってから変わりました。
せっかく発電したのにもったいないといった感じです。
それに消費電力もモニターで見れるのも効果的でした。
こんなに消費しているんだと初めて納得したみたいです。
太陽光発電は地球環境にもやさしいし、
もうどれだけ二酸化炭素を削減できたかなんて話をしています。
二酸化炭素の削減なんていままで興味がなったみたいなのに、
太陽光発電のおかげで変われば変わるものです。