設置住宅向けの優遇制度を活用する

地球の環境にやさしく、家庭の家計費にも大きなメリットがあることからに注目を集めているのが一般住宅用太陽光発電システムです。
太陽光発電システムを設置することによる最大のメリットは、設置する太陽光発電システムの容量にも左右されますが、平均的な住宅に設置可能な発電能力を持つ太陽光発電システムを導入すると、日中使用する電気は自家発電した電気でほぼまかなえるため、日中の電気料金が不要になるということでしょう。

東京都三鷹市は年間日照時間が日本国内の平均値よりも高く、効率の高い太陽光発電が実現できる地域なので、日中使用する電気についてはほぼ太陽光発電システムでまかなうことができると期待できるでしょう。
太陽光発電システムは発電するエネルギーを太陽光に100パーセント依存しているため、日射量が低下する夕方近くになると発電量が低下し、日没とともに発電量はゼロとなります。
日没から翌朝の日の出までは電力会社からの電気を家庭内で使用することになります。
電力会社各社は、太陽光発電システムを設置導入する家庭に電気料金の優遇制度を用意しており、東京都三鷹市は東京電力の電力供給地域なので東京電力の電気料金の優遇制度を活用できるでしょう。
東京電力は時間帯別電灯契約を用意しており、日中の電気料金が割高になる代わりに夜間の電気料金が格安になるプランがあります。
東京電力の時間帯別電灯契約はいくつか料金プランがありますが、夜間の電気料金が半額前後になるプランはかなりお得でしょう。