太陽光発電導入について

近年、太陽光発電の導入が国内において広まっています。
その理由として考えられるのが、太陽光発電は地球環境に配慮した発電方法だということです。
太陽光発電は、太陽の熱エネルギーを利用して発電をするため、天然資源を消費しませんし、発電時に二酸化炭素などの有害物質の排出もしないため、地球にやさしいといえます。

ここ10数年で、温室効果ガスの発生に伴う地球温暖化が進んできました。
そこで、世界レベルで地球温暖化を防止しようとする動きがみられます。
そのため、発電時に温室効果ガスを発生させない太陽光発電を個人の家庭などで導入することで、自主的な発電を促しつつ家庭からの温室効果ガスの排出量を減らすことが求められています。
しかし、まだまだ太陽光発電システムの設置には多額の費用がかかってしまいます。
そこで、三鷹市をはじめとする各自治体では、太陽光発電システムの設置に対して補助金を助成しています。
この補助金制度の導入により、設置費用が高く太陽光発電システムの設置を迷っていた人もコストを抑えられるおかげでシステム設置を検討しつつあります。
さらに、三鷹市では、太陽光発電システムの設置にとどまらず、風力発電システムや燃料電池システムの設置についても補助金を出しており、日本国内における自治体の中でもかなりエコロジーに配慮している自治体といえます。
地球環境への関心を寄せるために、補助金の支出や情報公開で住民のエコロジー活動を促進するような活動を行う自治体は、今後、三鷹市以外にも益々増えていくでしょう。