今がおすすめの太陽光発電

日本中を阿鼻叫喚の地獄絵図にほうりこんだ東日本大震災から2年が立とうとしています。
当時のことを思い出すと、誰でも嫌な気持ちになります。
少なくとも、揺れを
経験した人は、皆口々に言います。
同時に原子力発電一辺倒で進んできた日本の電力事情が大きく方向転換を迫られることになったのも、この大震災以降のことになります。
発電効率の高さでは、他の発電方式、火力発電、水力発電とは比較にならないくらい群を抜いている原子力発電でしたが、一度発電所の崩壊、とくに炉が崩壊したりするとどうにもならない、誰も制御することができなくない、凄まじい怪物になってしまうと言うことが明らかになりました。
そのため、原子力発電にかわる発電方式が俄然注目を浴びるようになりました。
火力発電、水力発電、風力発電、太陽光発電等が挙げられます。
国レベル、行政レベルでの火力発電所の効率アップ、電力会社主体の水力発電の発電量アップがすすめられ、同時に地球に無尽蔵に降り注ぐ太陽光を電気に変える太陽光発電に対しても、その普及推進のために様々な施策が実施されました。
具体的には、取り付けに当たっての様々な補助金を交付するように変わりました。
他太陽光発電設備を自宅に取り付けると、国からの補助金、県からの助成金、場合によっては、市からも交付がある地区もあります。
太陽光発電が、良く言われる「安心、おすすめの発電方式」なのにはいくつか理由があります。
まず他の発電方式火力、水力、原子力発電と比べて、燃料をもやしたり、田舎の環境を破壊したりしないので地球にやさしく、安心であるということが上げられます。
太陽光発電では、燃料は空からふりそそぐ太陽光なので環境に優しい発電方式といえるでしょう。
そして、誰でもその気になれば、個人の裁量で自宅に太陽光パネルを設置することで、個人でも発電をすることができるし、余剰電力は買い取りシステムが完備しているので、とりつけるならば、今がおすすめできるということで 太陽光発電は話題になっています。