普及率を高めよう

多摩市というと東京都心のベッドタウンとして有名であり、多くの住宅地があります。
その住宅地を見ていると近年になって太陽光発電パネルを取り付けている家庭が増えていることに気付かされます。
その太陽光発電というとよく勘違いしている人がいます。
それは「太陽光によって温められたエネルギーを使って発電する」というものです。
だから、パネルが黒いという主張です。
でも、実際には違います。
現在多く使われているパネルにはシリコン(ケイ素)の半導体が用いられています。
この半導体に光が当たりますと、光エネルギーがそのまま電気エネルギーへと変換されるのです。
その電気エネルギーを利用していろんなテレビやパソコンや冷蔵庫やクーラーといった家電製品を活用することができます。
このように多摩市など始めとする日本各地のベッドタウンに行ってみますと多くの住宅の屋根にその太陽光発電パネルが備え付けられています。
その発電量は決して少なくはなく、原子力発電1基分は優に発電できると言われています。
ただ太陽光発電パネルが普及していると言われていますが、それでも住宅の屋根を見ていますとまだその普及率は高いとは言えない状況です。
取り付けていない屋根もありますし、取り付けていてもより大きなものにすることもできます。
これからさらに太陽光発言の普及率を上げていくことができれば、原子力発電に頼ることのない安心な社会を実現することができると思っています。