太陽光発電を行う

日本国内において電力を多く使用している都市と言いますと、やはり
大都市で人口も多く、そして多くの商業施設や工場などがある東京です。
この場所において使用する電力については、ここから離れた場所に建設された各種の発電設備において作り出した電力を送電線などで送りながら供給してきています。
東京は人口密度の高い場所がら、夏場においてはヒートアイランド現象がおきまして、夜になっても昼にアスファルトやコンクリートに蓄えられた熱が放出されて、なかなか気温が下がらない現象が起きたりとか、周辺の街などにこの熱が移動して行き、最高気温が上昇するなどの影響も与えてきています。
そしてここで使用される電力は気温が上昇する毎に多くの場所で使用されるエアコンなどの空調設備の関係で大きく変化します。
最近は節電の取組みに対して企業や個人のお宅においても対応してきていますが、継続的に年間を通して行わなければなりません。
そして東京においては最近、企業のビルの屋上であるとか工場の屋上に太陽光発電の装置を設置している企業が増えてきています。
これらの取り組みを行うことにより電力を全て供給に頼るのではなくて少しでも自らが発電して補う事により意識が変化してゆくと思います。
東京においてはこれからも多くの太陽光発電の設置が予定されていまして少しずつですが電力の自給化が進んでゆくものと思われます。
そして設置に対して補助金を出すなど普及に努める事も必要です。